重要語彙-違いシリーズ

launchとcommenceの違いを解説

launchとcommenceの違いを解説

launchcommenceには、「開始する」という意味ですが、

「始める、開始する」という意味では、

startbeginが最もpopularです。

では、launchcommenceは、どういうケースで使われるのでしょうか?

この記事では、

launchcommenceの意味の違い、使われるシチュエーションを中心に、

「始める」という意味の英語について解説します。

 

まず、launchですが、

語源は、ラテン語のlancea(槍を投げる)です。

そこから、

「1.(計画や活動)を開始する」という意味で、

launch a new service 新サービスを開始する

のように使ったり、

「2.(新製品)を発売する」という意味で、

launch unique translation machine. 独自の翻訳機を発売する

のようにも使うことができます。

このように、launchは、

新計画(サービスなど)開始、プロジェクトの開始、新製品発売

というシチュエーションで使われ、

「新製品のローンチを早めよう!」という和製英語としても使われています。

 

そして、船や宇宙船を目的語にとる場合は、

槍(船)を投げる「3.(船)を進水させる」

槍(宇宙船)を投げる「4.(ミサイル/ロケット/宇宙船)を打ち上げる」

という意味となり、

launch new ship 新しい船を進水させる

launch artificial satellites 人工衛星を打ち上げる

のように使われます。

 

また、launchは、名詞として、次のような意味で使われます。

「1.開始、発売、発表」

「2.発射、進水」

 

一方、commenceは、

フランス語commencer(始める)がもとになった語で、

主に書き言葉で使われる、硬い英語です。

開始する、始める」という意味の他動詞として、

They commenced studying the new material. 彼らは、新材料の調査を開始した

=They commenced to study the new material.

=They commenced new material study.

のように、動名詞/to不定詞/名詞を後にとって使われます。

 

また、「始まる」という意味の自動詞として、 

The first term has commenced(=begun). 1学期が始まった

のようにも使うこともできます。

 

そして、名詞形commencementは、

「開始、着手」という意味です。

 

それでは、例文とともにくわしく確認していきましょう。

 

launch

v.

1.(計画や活動)を開始する、に着手する

He wanted to launch a sales promotion campaign for our new products. 彼は、新製品の販促キャンペーンを始めたかった

This malware launched their attacks on your computer. このマルウェアは、あなたのコンピューターへの攻撃を始めた

 

2.(新製品)を発売する/人を世に送り出す

They’re planning to launch unique battery-powered cordless vacuum cleaner. 彼らは、独自の充電式コードレス掃除機の発売を計画している

We prepared unique programs designed to launch you into fruitful carrier. あなたがたが実りあるキャリアを築けるよう設計された、独自プログラムを用意した

 

uniqueは、日本語の「ユニーク=おもしろい」というニュアンスと違い

「独自の、唯一の」という意味で使われます。

関連語句とともに使い方を確認しておきましょう!

参考:unique/distinctive/peculiarの違いを解説

 

3.(船)を進水させる

This state-of-the-art ship was launched last month. この最新鋭の船は、先月進水した

 

4.(ミサイル/ロケット/宇宙船)を打ち上げる

Artificial satellites are expensive to launch. 人工衛星打ち上げるのには、多額のお金がかかる

 

n.

1.開始、着手、発売、発表

He wanted to run TV commercials together with campaign launch. 彼は、キャンペーン開始一緒にTV CMを流したかった

Our new smartphone launch event came with three major announcements. 新しいスマホの発売イベントでは、3つの重要な発表がありました

 

together withとalong withの違いを確認しておきましょう!

参考:together with~とalong with~の違いを解説

comeの動詞句を確認しておきましょう!

参考:comeの動詞句-come outとcome upの違いを解説

 

2.発射、打ち上げ、進水

The Navy ship recovered the spacecraft 15 minutes after launch. 海軍の船が、発射の15分後に宇宙船を回収した

 

commence

フランス語commencer(始める)がもとになった語

主に書き言葉で使われる、硬い英語

他動詞:開始する、始める

動名詞/to不定詞/名詞を後に取ることができます

They commenced studying the volcano. 彼らは、火山の調査を開始した

They commenced to study the volcano.

Our factory will commence operation tomorrow. 私たちの工場は、明日、操業を開始する

 

自動詞:始まる

The first term usually commences in April in Japan. 日本では、通常1学期は4月に始まる

Direct flight between the two countries have commenced. 2国間の直行便の運航が始まった

 

commencement n. 開始、着手

You need to make a business commencement notification. 事業開始の届け出をする必要がある

 

まとめ

「始める、開始する」という意味の英語は、次の4語の違いを理解しておきましょう。

startbeginが、最もpopularで、汎用的に使われるのに対し、

launchは、新しい計画、大きな計画を始める場合船の進水、ロケットの打ち上げに使われ、

commenceは、主に書き言葉で使われる、硬い表現という違いがあります。

launch---ラテン語のlancea(槍を投げる)が語源

v.

1.(計画や活動)を開始する---launch a new service

2.(新製品)を発売する---launch a new EV.

3.(船)を進水させる---launch a new ship 新しい船を進水させる

4.(ミサイル/ロケット/宇宙船)を打ち上げる---launch a new satellite 新しい衛星を打ち上げる

n. 開始、発売、発表/発射、進水

 

commence---フランス語commencer(始める)が語源/主に書き言葉で使う、硬い英語

他動詞:開始する、始める」---commence studying(=to study) material

=commence material study

自動詞:「始まる」---The first term has commenced(=begun).

commencement n. 開始、着手

-重要語彙-違いシリーズ

Copyright© エンジニアのための使える技術英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.