重要語彙-違いシリーズ

specificとconcrete-意味の違いを解説

specificとconcreteの違いを解説

specificconcreteは、

どちらも「具体的な」という意味で使われますが、

どういった違いがあるかわかるでしょうか?

この記事では、

specificconcreteの意味の違いを中心に、

関連する用語を解説します。

 

まず、specificですが、 

「1.明確な、具体的な」という意味で、

specific direction (明確な、具体的な)指示、方針

のように使われたり、

Could you be more specific? もう少し具体的に説明して頂けますか?

のように、会議で使うことができます。

 

また、エンジニアにとって、

specifically 「明確に、具体的に」に説明することは重要ですし、

設計仕様を具体的にまとめた「仕様書」は、

specificationと呼ばれます。

 

さらに、

「2. 特定の/3.特有の」という意味もあり、

We grasped  specific needs of customers. 顧客の特定ニーズを掴んだ

Your symptom is specific to corona virus あなたの症状は、コロナウイルス特有のものです  

のように使うこともできます。

 

一方、concreteは、

「1.具体的な、形のある」という意味で、

Could you explain that in more concrete terms? それをもっと具体的な言葉で説明して頂けますか?

Could you be more specific?

のように使うことができます。

specificにも、「具体的な」という意味がありますが、

concreteは、「concrete 具体的な↔abstract 抽象的な」という対比

の中で使われる点が違いです。

concrete idea 具体的なアイデア↔abstract idea  抽象的なアイデア

 

また、「2.実際の、現実的な」という意味で、

Our new plan is not yet concrete. 新計画は、まだ固まっていない

のようにも使えます。

 

このように、

specificは、「(詳細を箇条書きするようなイメージで)具体的な」

concreteは、「(抽象的でなく、実体のあるイメージで)具体的な」

という意味の違いがあります。

例えば、

「指紋センサーや新材料、短時間充電の採用で、製品の魅力を向上しています」は、

specific(具体的=詳細かつ明確)に製品の特徴を説明していますし、

「重量は120gで、カメラの画素数は1000万画素です」は、

concrete(具体的=実際的かつ現実的)に製品の特徴を説明しています。

反対に、

「新製品は、斬新で新しい時代にぴったりの製品に仕上がっています」は、

abstract(抽象的な)な説明と言えます。

 

それでは、例文とともにくわしく確認していきましょう。  

 

specific

詳細を箇条書きするようなイメージ

a.

1.明確な、具体的な

Defining the specific rework procedure is important to keep the quality. 品質を維持するためには、具体的な補修手順を規定することが重要です

Could you be more specific? もう少し具体的に(説明)していただけますか?  

 

「会議で使う英語」を確認しておきましょう!

参考:会議の英語を解説-Useful expressions for meetings

 

2. 特定の

We tried to save the endangered animals in specific areas 私たちは、特定地域の絶滅の危機に瀕する動物を救おうとした

Meeting specific needs of customers is our challenge. 顧客の特定ニーズを満たすことは、私たちの課題  

 

extinctとendangeredの違いを確認しておきましょう!

参考:extinctとendangeredの違いを解説(Biology)  

 

challengeは、「挑戦」だけでなく、

「課題」という意味でもよく使われます。

challengeの3つの意味と使い方を確認しておきましょう!

参考:challengeの覚えておきたい3つの意味を解説

 

3.特有の

None of symptoms specific to corona virus was not appeared. コロナウイルス特有の症状は見られなかった

 

n.

仕様、詳細

Clarifying the specifics of your plan is essential to get the approval of your boss. 計画の詳細明確にすることが上司の賛同を得るためには必須だ  

 

clarifyverifyも仕事でよく使われる動詞です。

セットで使い方を確認しておきましょう!

参考:verifyとclarify-意味の違いを解説  

 

concrete ↔ abstract

抽象的でなく、実体のあるイメージ

abstract 抽象的な

1.具体的な、形のある

Concrete evidence is very important to prove his innocence . 具体的証拠は、彼の無実を証明するのにとても重要です

We want to talk about concrete issue. 具体的な問題について話し合いたい

I'd like to show you concrete applications of our new sensor. 私どもの新センサーの具体的な応用事例を説明したいと思います

Could you explain your plan in more concrete terms? あなたの計画をもっと具体的に(な言葉で)説明して頂けますか?

 

applicationは、状況によっていろいろな意味を持ちます。

重要な5つの意味を押さえておきましょう!

参考:applicationの覚えておきたい5つの意味を解説

 

in the concrete 具体的に↔in the abstract 抽象的に

Expressing your design image in the concrete helps us understand your idea. 具体的にデザインイメージを表してくれるとあなたの考えのを理解する助けになります

Most designers understand the product design in the abstract. ほとんどのデザイナーは、抽象的に製品デザインを理解する

 

2.実際の、現実的な

Our new organization is not yet concrete. 新しい組織がどうなるか、まだ固まっていない

 

n.

1.コンクリート

The wall is built of reinforced concrete. その壁は、鉄筋コンクリート製だ

 

abstract a.抽象的な

He wanted to make new headphone more elegant and abstract design. 彼は、新しいヘッドフォンをもっと優雅で抽象的なデザインにしたいと思っている

 

an abstract idea 抽象的な考え↔an concrete idea 具体的な考え

an abstract painting 抽象画

-重要語彙-違いシリーズ

Copyright© エンジニアのための使える技術英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.